梅雨入り前作業

関東東海地方まで梅雨入りしましたね。こちらは例年14日前後が梅雨入りなんですが、天気予報では来週あたりから梅雨空が続くようです。梅雨入りは苗が根付く絶好のシーズンなので、植え付けは梅雨入り前に急ピッチで行います。ついでに野菜が雑草に負けないよう、草の勢いも落としておきます。

まずは作った畝への植え付けです。

画像


先日作った畝に、トマトの残り苗と落花生の植え付けです。
しばしば害獣が確認される畝なんで、対策もとってます。落花生は抜かれないようにプラコップでキャップを、トマトは少し皮の硬くて酸っぱい調理用トマトを選んでます。

なぜかトマトは食べられたことあまりないんですよ。周りの畑のものの方が魅力的なのかな?料理用トマトはあまり獣のお気に召さないのかも知れません。
プラコップはホットキャップも兼ねてますので、初期成長を促します。ラッカセイの花が咲いたらマルチは外します。

画像


こちらは遠いほうの畑のラッカセイ畝。
食害を防ぐために防虫ネットでトンネルをしておいたんですが、成長してきたので外しました。ついでに周りやマルチの除草です。
画像


このぐらいまで成長すれば食べられる心配も少ないでしょうね。
ラッカセイは乾燥と高温が好き。成長するまでしばらく黒マルチします。

画像


外すと同時に金ゴマも株間に植え付けました。
こちらもサバンナ出身なので、マルチで地温あげたほうが生育がいいです。ついでに吸肥力が強いので落花生がつるボケするのを防いでくれます。

今回は通路を中耕するついでに草を抜き、マルチの上で乾かします。梅雨入り前は高温、乾燥しますので、敷き草作りには便利なんです。乾けば畝に敷けます。
緑肥として育ててる燕麦があれば同じように乾燥させると保存も効きます。

隣の畝ではそろそろソラマメが終了を迎えます。

画像


これもよく採りましたね。
後半になるとカメムシが寄ってきて卵を産み付けたりするので、退治がてら刈り倒してしまいます。

画像



畝にはすでにまいたオクラが芽を出しているので、これに交代させます。
来週あたりには撤収作業です。収穫した後刈り倒し、オクラに刈草をマルチします。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック