植え付け後半戦

6月の直前になるとがぜん作業が忙しくなります。今年は前半はのんびりスタートしようと思っていたので、今の時期が夏野菜植え付けの本番なんです。本来皆さんが植えてしまっただろうキュウリ、かぼちゃなどのウリ科やピーマン、ナス、そしてオクラなどは本来この時期から本気出してきます。なのでGWに植え付けても成長は遅く、今の時期から一気に大きくなってきます。

画像


なのでこの時期は小苗でも大丈夫ってことになります。何しろ成長が早いですからね。特にメロンやオクラなどは根を地中深くまで張る性質がありますので、生育した苗だと中でとぐろを巻いてしまっています。ここは小さい苗を植えつけて、素直に地中深く根を張らせたいところです。

今回植え付けたのはせいぜい本葉1~2枚程度の小苗。ミニキュウリ、カボチャ、ミニメロンなどです。植え付けの際にはプラカップで例によって保護しています。活着が確認出来たら外します。
ウリ科が実ってくるのは夏至以降。立秋まで生き残ると本当にたくさん収穫できます。だからそれまで木が疲れないよう、しっかりと追肥で株を大きくしていきます。最初からたくさん肥料を与えると消化不良を起こすので、肥料は細く長くを心掛けるようにしています。

画像


落花生もやはり植え付けがこの時期です。
豆をよく虫に食われるのでポットで芽だししてから植え付けています。こんな感じにぱっかんと中央で開き、中から葉が展開しだしたら植え付けです。
植え付けの際には少し根を落としています。そのほうが全体的に広がるので、特にコンパニオンの下生えに使うには都合がいいんです。

画像


今年は山芋の波板畝の表面を覆うように工夫してみます。
表面に張ったのは日よけネット。100均で購入したものです。雑草抑えにはなりませんが、日差しを70%カットしてくれるそうなので、畝が過度に乾燥するのは防いでくれると思います。
ネットなので子柄は隙間から潜ります。植え付けたおおまさりは最大で1mぐらいに広がるようなので、山芋の日よけになることを期待しています。

画像


今日はあと、オクラも植え付けています。
今回は多種類種をいただきましたので全部で5品種植えています。直根性なので双葉状態で植えています。


にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック