酷暑に備えて刈り敷き

今日でこちらも梅雨が明けたようです。梅雨明け直後はまだ本格的な暑さは来ないので、この2~3日のうちにできるだけ畑の暑さ対策をしておきます。

うちの畑はなるべく土をむき出しにしないように心がけています。結果雑草だらけなんですが、ある程度草を残すことによって大雨や乾燥のリスクをコントロールしているんです。これからは暑さが日増しに強くなるので、畝が乾かないように厚めに刈り敷きをします。長雨に備えてはやしまくっていた草を一斉に刈って、野菜の下や通路に敷き詰め、地温が上がりすぎないようにします。

20190735.jpg

こちらは先日収穫したジャガイ畝。サトイモが残っています。
収穫後はこのように土をサトイモに寄せ、ついでに追肥もしてしまいます。

20190737.jpg

その上から分厚く刈り草で覆います。
両側から土寄せしたのでちょうど根元の部分がくぼみます。そこに湿気がたまって、うまい具合にサトイモに水分が集まるようになるんです。
さらに雑草から芽が出ると地中の水分を吸い上げて朝露になって垂れますので、ますます都合がよくなります。

20190736.jpg

刈り草はナスの根元にも敷きます。ナスも水分が好きですからね。
ここはさらに日陰になるように落花生も植えてあり、ついでに土寄せもしておきました。

20190738.jpg

逆にかぼちゃはつるの周りを刈り、日が当たるようにしてやります。
小さいうちは雑草と一緒に育つようにするとうどん粉病にかかりにくいようです。雑草が泥はねを防ぐんでしょうね。
その代わり実がなると見つけにくくなるので、実をつけたい時期に周りを刈って、実がついたら下に発砲トレイを敷くようにしています。

逆に暑さを利用するものもあります。ラッキョウやニンニクを植える畝は今のうちに準備して土をなじませると、暑さで発酵して未熟な肥料分も完熟してくれるので都合がいいです。

20190776.jpg

予定地に2本溝を掘り、刈った草を敷いて踏み込みます。
これが後々の元肥になります。

20190778.jpg

その上に石灰、たい肥を混ぜ込んだ土を広げて、これをかけます。
イーストや天恵緑汁を混ぜた発酵促進剤です。これで未熟な肥料分の発酵を促します。

20190775.jpg

最後に全体がじっとりと湿るまで水をかけ、透明マルチでぴったりと覆います。
これから暑くなると発酵が進んで温度が上がって来ます。温度が上がると最終的に病原菌や雑草の種を死滅させることができるはずです。

20190781.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント