植え付け待ち

秋雨前線の活動が活発らしくて今週はずっと雨です。梅雨の再来と言うべきなんでしょうか、雨季と乾季が最近ははっきりしすぎている気がします。サバンナ化してるんでしょうか?こちらは年間降水量が多い地域のはずなんですが、少し乾燥化が進んできているようです。

当然畑には行けないので、家の中で種まきしたり苗の世話をしています。

201908114.jpg

今はちょうどレタスに入ってます。
レタスはあまり高温だと発芽しないので、秋雨が降るこの時期がちょうどいいです。いったん種を濡らしてから一晩冷蔵庫に入れておくと発芽しやすいです。
先にアブラナ科のコンパになる赤いリーフレタスをまいてます。つい先日緑のレタスをいろいろまきましたが、それが発芽している最中です。

201908115.jpg

白菜は今年だいぶ多めに苗を作りました。
去年は直播きしたものが全滅し、その後追加で植え付けた苗もネキリムシにやられてしまったんですよ。結局ほとんど収穫できなかったので、今年はそんなことがないよう、20本近く苗を作っています。
品種はミニ白菜の「タイニーシュシュ」。これはミニ玉から中玉まで株間をコントロールすれば自在な優れものです。耐暑性もあるので早くからまくことができるのもいいところ。春にも作りましたが最近白菜と言えばこれです。

201908105.jpg

畝のほうは根菜からいってます。
雨に先立ちまして秋じゃが植え付けました。そろそろ涼しくなるので暑さで傷むことはないかと思って。畝のわきにビーツもまいてます。秋には白マルチで栽培してます。

201908107.jpg

こちらはニンニクとラッキョウの畝。
マルチ貼っていないほうにはラッキョウを2株ずつまとめて植えています。多少草は生えるでしょうが、ラッキョウは株数が増えて広がっていくので……。
穴あきマルチのほうはニンニク作付け予定です。植え付けは9月に入ってからです。

201908109.jpg

ラッキョウ畝は初期に雑草に埋もれないように草を載せておきます。
やがて草をかき分けて芽が出てくるでしょう。

201908110.jpg

先日作った大根畝には5種類の大根をまきました。
いずれもミニサイズで収穫可能なものです。今期はできたら間引き収穫しようと思っています。

201908108.jpg
まいた後は燻炭かぶせて足で踏んでいます。
先週の土曜日畝をのぞいたら発芽を確認しました。この雨でさらに成長してくるでしょう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント