マルチ撤去開始

本格的な雨の季節の前に畝の作り替え作業を始めています。真夏になるとなかなか力仕事がしづらいので、曇りの涼しい日を選んで作業です。 今日はハウス周りの作業です。 ハウス正面の黒マルチを撤去しました。 ここは去年の秋にマルチ設置してからずっとかけっぱなしにして栽培してました。白菜から始まり、エンドウ、キュウリに続いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生育最盛期

夏至の時期は植物の成長が一番盛んです。誘引や剪定が一番忙しい時期でもあるんですが、何しろ梅雨時なので雨の合間を見て手早く作業を終わらせるようにしています。 今日は庭木の剪定。20年物の月桂樹の丈を半分にして、伸びた脇枝を切りました。去年おととしと強剪定してるので木が少し暴れ気味なんです。全体の先端を少しずつ刈って整えました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパクトなズッキーニ

今年はズッキーニに新品種を導入してます。 通常の大きさの半分にしかならない鈴なりズッキーニ「バンビーノ」です。 収穫サイズでこんな感じですね。 せいぜい10㎝ぐらいにしかならないんですが、次々採れます。 ズッキーニは収穫しそびれてバットサイズになることもしばしばなんですが、これなら食べきりでちょっと使うにも適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉ねぎ収穫とブルーベリー初収穫

今日は玉ねぎの収穫の手伝いに行ってきました。毎年父の畑の収穫手伝いをしてるんですが、200㎏近くあるので4人がかりです。今年はやや小ぶりのものが目立ちますが収量はまずます。6家族分に分けていただきました。 ジャガイモもそうなんですが、今年は寒さのせいかちょっと成長が遅いようです。玉ねぎは根が成長する前に寒さが来てしまったんでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野良生えあれこれ

有機栽培してると植えてもいない野菜が時々出てきたりします。たい肥槽はそういった野菜の宝庫です。 これはたい肥層から出てきたカボチャ。 あまりにも立派なのでそのまま育てることにしたんですが・・・ 葉の大きさがちょっとおかしい(笑) 手箕よりも大きい葉です。どんなカボチャができるんだろう。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収穫に向けて準備

ようやく雨がやみました。曇り空なんですが降らないだけましです。4日ぶりぐらいに洗濯ものを外に干し、盛大に茂った庭の草刈りと畑の草取りをしました。草はもちろん、マルチの上に放置です。 ジャガイモの花がそろそろ咲いてるので。 ジャガイモは花がつくと芋が太りだします。マルチで栽培してるんですが、つき合わせたマルチの下をそっと覗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の季節はちまちまと

日曜日に梅雨入りしてからぐずついています。時々畑の様子見に行ってますが特に大掛かりな作業はありません。 梅雨入り前に大体の作業は済ませてあるので、あとはつるものの誘引や追肥程度。天気を見ながらのんびりやってます。 主な作業はベランダですね。 ミニトマトが花盛りになっています。 25度以上になると受粉率が落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り前作業完了

今日は朝から曇り空で時折雨がぱらついてます。来週の中頃まで雨マークついてますので、梅雨入りももう目前でしょう。乾いている今のうちに収穫できるものは収穫し、片付けるものは片付けてしまいます。 先日の続き作業を終わらせました。 ニンニク、ソラマメは収穫です。 今年は寒かったせいかニンニクは全体的に小さめです。 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り前作業

関東東海地方まで梅雨入りしましたね。こちらは例年14日前後が梅雨入りなんですが、天気予報では来週あたりから梅雨空が続くようです。梅雨入りは苗が根付く絶好のシーズンなので、植え付けは梅雨入り前に急ピッチで行います。ついでに野菜が雑草に負けないよう、草の勢いも落としておきます。 まずは作った畝への植え付けです。 先日作っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家採種のススメ

うちのトマトは8種類ありますが、ほとんど自家採種したものです。 自家採種は固定種でないと難しいとされていますが、そんなことはありません。私はほとんどF1と言われる交配種から種を採っています。トマトやマメなどは自家受粉しやすいので、親の形質が出やすいんです。特にミニトマトは自家採種を繰り返すことによって、作りやすいトマトにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏畝にシフトチェンジ

畑の方はそろそろ夏畝にシフトしてます。基本的に1作ごとに作り直さない連続栽培をしてますので、収穫と植えつけが同時進行みたいに進んでるんです。昨日はハウス周りの葉野菜を収穫して、夏野菜メインの畝にしました。 まずは葉野菜用の防虫ネットトンネルを片付け、収穫できるものは収穫します。 残ってるのはレタスと、採種用のルッコラだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジの親子

実はうちの周りにはキジが多数生息してます。 これはうちの畑の中で撮影した写真。すぐ横を通ってくるのであっちも結構人なれしてるんでしょうね。民家近くの草むらや畑の中に巣を作ってるようで、今はヒナを育ててる時期なんです。 ところがその時期が一番外敵に狙われやすいんですね。 昨日夕方に外でけたたましい声が続いていたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクダミントで集中治療

昨日の重労働で少し疲れてます。多少誤字脱字が出るかもですが、ご了承ください。 今日は遠いほうの畑を見回ってきたんですが、カボチャがちょっとピンチでした。 葉色が薄く、虫食いの跡が見られます。 この苗は5月中旬にあんどんを外されていたんですが、その後の低温で少し発育不良になったらしいんです。結果,根の発達が遅れて乾燥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作業を分ける

今ハウス周りの畝の製作中です。長年休耕地だったので雑草が繁茂し、土も硬くて耕運機が入りません。 いっぺんに作業しきれないので段階別に分けてます。今日は二畝分をスコップで掘り起こし、一畝分にマルチを張りました。 土地としては2m×4mです。有機石灰と燻炭をまいてから掘り起こします。 この程度の広さなら耕運機より剣先ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐葉土を通路に敷く

梅雨前のこの時期は特に畑作業が忙しくなります。草も伸びてきますので定期的に刈らなければならないし、植え付ける苗も次々に出てきます。でもこの時期に忙しくしておかないと、長雨や酷暑を乗り切れないので、頑張って作業するようにしています。 今日は11月に仕込んだ落ち葉たい肥を通路に敷く作業をしてました。 まだ完全には分解されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水耕トマトの仕立て

ベランダでは水耕栽培してます。トマトメインなんですが、ミニを毎年600~800個ぐらい収穫してます。 大体今の季節から誘引が始まってきます。水耕栽培のトマトは根域が限られるので、支える方法が重要なポイントになってきます。 私はいつもひもで枝を吊り下げています。ひもは物干しざおなどから下に垂らし、茎に結び付けます。あと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棚づくり用ひも張り

今年は大型の加賀太キュウリと小型のらくなりメロンを棚づくりする予定です。そろそろあんどんを外す時期になりましたので、棚用のアーチ支柱と誘引用のひもを設置しました。 一般的に棚づくりは支柱とネットで作るようですが、片付けが面倒なので数年前からひもに誘引することにしています。ひもなら目の大きさも自由に変えられるし、何よりぴんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメバチトラップの成果

暑くなると植物の成長が活発になるんですが、同時に虫の活動も活発になってきます。 今日はありがたくない虫について。 実は私の畑、2、3年前からスズメバチが出るんです。 作業をしてるといきなり「ブ~ン」と大きい音を立てて飛んでくるので、そのたびにしゃがんでやり過ごしています。暴れなければ襲ってくることはないんですが、頭上を飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物に聞く

そろそろ夏日の声も聞こえ始めてます。育苗も最終段階で、今熱帯性の野菜を種まきしている最中です。 これは毎年栽培している金ゴマです。最近国産の金ゴマがあまり手に入らなくなってきているので、自分で栽培しています。選別は確かにやや面倒なんですが、それ以上に風味がいいので作り続けている作物です。 ゴマ、ラッカセイ、オクラなどはも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畝の空間活用

小さい畝の空間活用の一例です。 今日、畝にアーチ支柱を設置してきました。 この場所は加賀太きゅうりとミニメロンを作る予定の畝です。隣の白いマルチを張っている畝はこれから白菜やロマネスコなどを作る予定。気温が上がるとこれらの苗が弱るので日を遮りたいところですが、その役割をそのつるもの野菜にやってもらおうという計画です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more